澱粉の異常結合に関する研究:(第4報) いわゆるZ-酸素についての考察 Studies on the Anomalous Linkage in Starch:Part IV. Problems on Z-Enzyme

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

各種の処理を施したアミロースのβ-アミラーゼによる分解率を測定するとともに,杏エムルシンの精製とβ-グルコシダーゼ,β-キシロシダーゼ,Z-酵素相互の関係を検討し次の知見を得た.<br> (1) アミロースを第1表の如く処理してもβ-アミラーゼによる分解率に大きな変化を来さない.<br> (2) アミロースを乾燥状態で長期間放置するとヨードによる呈色度を著しく減少する.然しながらβ-アミラーゼによる分解率は変らない.<br> (3) アミロースを0.4N-NaOHで98°, 1時間加熱するとき,残るアミロースはβ-アミラーゼによって殆んど100%分解される.<br> (4) Z-酵素がβ-グルコシダーゼでないことを確認するとともにβ-キシロシダーゼでもないことを認めた.<br> (5) 杏エムルシン中のα-アミラーゼのアミロース分解曲線が麦芽及び細菌のα-アミラーゼのそれと異ることを認めた.<br> (6) アミロースがβ-アミラーゼで100%分解されない原因がアミロースの高分子的な性質によることの可能性ならびにZ-酵素が微量のα-アミラーゼである可能性について考察した.

収録刊行物

  • 日本農芸化学会誌

    日本農芸化学会誌 32(4), 291-298, 1958

    公益社団法人 日本農芸化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001231534
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196191
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0002-1407
  • NDL 記事登録ID
    10061742
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-335
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ