小泉解散の憲法学的検討 On the so-called Koizumi's dissolution of the House of Representatives in 2005 from a constitutional point of view

この論文にアクセスする

著者

抄録

衆院において賛成多数で可決され,参院に送付された内閣提出法案が,参院で否決されたとき,内閣が,これを内閣不信任だとして,衆議院を解散することは,日本国憲法上,どう評価すべきかが,いわゆる小泉解散の最大の争点である。解散理由について,首相自身は,参院における法案否決を内閣に対する不信任だと受け止めたからだという以上のことは語っていない。が,「衆院が可決した法案を参院が否決した場合,衆院が出席議員の3分の2の特別多数で再可決すれば法案が成立するのだから,当該議席数確保のためにする解散は認められる」とする見解がある。しかし,解散理由として,再議決権を持ち出すことは,解散•総選挙の趣旨や議会政のあり方からして是認されないこと,小泉解散は不当な解散事例であり,「国民投票的」解散に途を拓いた事例として積極的に評価すべきではないこと等を指摘した。

When the House of Representatives (H. R) had passed and sent a bill presented by the Cabinet with a vote of majority, yet, the House of Coucillors (H. C) had against it, the Cabinet dissolved H. R looking on H. C's decision as a nonconfidence in the Cabinet itself. How do we estimate such a case? It is one of the most critical issues of the so-called Prime Minister Junichro Koizumi's dissolution of H. R in 2005.<br>Mr. Koizumi don't give a full acount of the cause of his dissolution. But a strong argument in favor of last dissolution states that it is an ample cause for dissolution of H. R for a Cabinet to obtain two thirds majority seats of H. R by a general election as H. R could overrule H. C's decision with such a exraordinarily majority upon the art. 59 II of the Constituiton. We don't agree to this argument because a misinterpretaion of the art. 59 II and a fear of misuse of the parliamentary government system on our Constituion.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 22, 36-42,195, 2007

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001554950
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0912-3512
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ