2005年総選挙後における政策決定過程の変容 Transformation of the Policy Process after the Election of 2005

この論文にアクセスする

著者

抄録

本稿は,2005年総選挙以後の小泉政権において,政策決定過程がどのように変化したのかを論じる。第1に,小泉首相が政権発足直後に打ち出したものの,与党や省庁の反対にあって頓挫していた政策が,総選挙以降,小泉のリーダーシップによって次々と決められていったことを示す。第2に,2005年末以降,「官邸主導」による政策決定を可能にしてきた経済財政諮問会議の役割が変質し,自民党•官僚主導の政策決定が復活したという見解に対し,歳出•歳入一体改革の決定過程は依然として「首相主導」であったことを明らかにする。第3に,2006年の通常国会では重要法案が軒並み成立しなかった。これも,会期延長を求める与党の声を無視した「首相主導」の結果であると論証する。総選挙での大勝によって小泉の自民党内での影響力が飛躍的に高まった結果,政策決定過程が先述したように変化したというのが本稿の主張である。

The purpose of this paper is to examine how the policy process under the Koizumi Cabinet changed after the 2005 House of Representative election. First, this article shows that under the powerful leadership of Prime Minister Koizumi, his own policies were realized with rapidity. They had not been realized before then due to oppositions from the ruling parties and ministries. Second, this article examines some observers' opinions that the role of Council on Economic and Fiscal Policy altered and governing parties and bureaucrats led the policy process. It demonstrates that Koizumi took the control of making Basic Policies for Economic and Fiscal Management and Structural Reform 2006. Third, a lot of bills that governing parties wanted to pass during the ordinary Diet session were not passed because Koizumi rejected governing parties' proposal to extend the session. This article concludes that the policy process changed as just described because Koizumi won the election and strengthened his influence on the LDP.

収録刊行物

  • 選挙研究

    選挙研究 22, 54-68,195, 2007

    日本選挙学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001554953
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0912-3512
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ