政党の選挙戦略からみた地方選挙:2007年統一地方選挙の位置付けを考える Campaign Strategies in the Unified Local Elections 2007

Access this Article

Abstract

2007年の統一地方選挙において, 民主党は, これまでの地方選挙の選挙戦略を大きく変更した。自民党との対決姿勢を地方選挙に持ち込んだのである。本稿は, 地方選挙における政党の選挙戦略に注目し, 2007年統一地方選挙までの地方選挙の構図について検討を行う。政党の選挙戦略に関する先行研究としては,既にSchlesingerのものがあり, 本稿では彼の議論を日本の二元代表制にあうように応用し使っている。2007年統一地方選挙における民主党の選挙戦略は, 一般の有権者から広く集票しようとする第四戦略と位置づけられ, また選挙戦術としてのローカル・マニフェストのあり方にも影響を与えるものになったといえる。ただし, 2007年統一地方選挙の結果については, 直近の参議院議員選挙を見据える必要があり, 「平成の大合併」による地方政界の再編にも留意し吟味する必要がある。

In the Unified Local Elections 2007, DPJ changed the campaign strategy of the past Unified Local Elections. DPJ chose to compete with LDP in Local Elections, and put up candidates positively. In this article, I pay attention to the campaign strategy of the Japanese political parties in the local election and think about the meaning of the Unified Local Elections 2007. According to Schlesinger's indication, the political party has two faces. One face is ‘the officeseeker’, and another is ‘the benefit-seeker’. DPJ was‘the officeseeker’ in this time, because DPJ chose campaign strategy to gather the floating votes, and to compete with LDP. (IV type) But it is difficult to interpret the campaign strategy of LDP in this election. The reason is because there was the realignment of LDP local organization after the Municipal Mergers of the Heisei Era.

Journal

  • Japanese Journal of Electoral Studies

    Japanese Journal of Electoral Studies (23), 57-65,213, 2008

    Japanese Association of Electoral Studies

Codes

Page Top