PM式リーダーシップ論におけるリーダーシップ条件の心理生理学的研究 (IV):Placebo効果とリーダーシップの効果との相互作用について THE INTERACTION BETWEEN THE PLACEBO EFFECTS:THE LEADERSHIP EFFECTS

この論文にアクセスする

著者

抄録

本実験は, プラシーボー投与にともなう薬効暗示と実験者の監督的指示とが, 被験者の知覚運動技能や自律反応に及ぼす影響について吟味したものである. 薬効暗示はstimulantとdepressantの二種, 監督的指示はP型, M型および特定の監督的指示を与えないO型の三種であった. 課題は鏡映描写で, 生理反応は指尖脈波を記録し心拍数を指標とした.<BR>仮説は, 1) 鏡映描写の成績や心拍数はプラシーボー投与にともなう薬効暗示の種類によって異なった影響を受けるであろう. 2) 上述の影響は, 実験者の与える監督指示のちがいに応じて異なった相乗効果を及ぼすであろう.<BR>生理反応 (心拍数) については明確な条件差は見出されなかったが, 鏡映描写の成績に次のような条件差が見出された. 仮説Iについては, depressant暗示がstimulant暗示よりも鏡映描写の成績にポジティブな効果を及ぼした. 仮説IIについては次のような結果がみられたedepressant暗示群ではP型の監督指示を受ける群が最も成績がよく, 次にO型でM型は最低であった. 一方, stimulant暗示群ではM型が一位, O型が二位, P型が三位という順位であったが, 条件間の差は有意でなく傾向のみであった.<BR>P型とM型の監督指示の影響が, 薬効暗示がdepressantかstimulantかで異なった相乗効果を及ぼす現象即ち, depressantの場合P型が, stimulantの場合M型が望ましい相乗効果を及ぼすことについて, PM式リーダーシップ論におけるP-M相乗効果との関連から考察が加えられた.

In a 2×3 factorial experiment, subjects were given stimulant suggestion or depressant suggestion with an inactive placebo, and then were engaged in mirror drawing test under the leadership condition of P type, M type or, as control condition, non P-M type. In the condition of depressant suggestion, subjects who had been supervised by P type leadership performed significantly better on the mirror drawing test than did subjects who had been supervised by M type or non P-M type. On the other hand, in the condition of stimulant suggestiop, subjects who had been supervised by M type leadership performed better, but in tendency, than did subjects who had been supervised by P type or non P-M type. It was discussed that when depressant suggetion and P multiplied each other, there would be effects resembling PM situations, and the same depressant suggestion and M multiplied each other, there would be effects resembling M.

収録刊行物

  • 実験社会心理学研究

    実験社会心理学研究 13(1), 22-30, 1973

    日本グループ・ダイナミックス学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001610413
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0387-7973
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ