社会的促進を規定する要因の実験的研究 AN EXPERIMENTAL STUDY OF THE DETERMINANTS OF SOCIAL FACILITATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 社会的促進現象にみられる他者存在と個人行動との関わりをより明確にするため, 課題の反応しやすさの程度, 存在する他者の人数およびその存在形態が個人の遂行にどのような影響を与えるかを, 共行為・聴衆両事態において検討し, あわせて両事態での効果の比較を行なった (実験I: 共行為事態, 実験II: 聴衆事態)。<BR>被験者は大学生144人 (男女各72人)。課題はアルファベットの並びかえ作業であった。<BR>主な結果は次のとおりである。<BR>1. 反応しやすい課題は, 共行為・聴衆いずれの事態でも他者存在により, その正反応数が増加し, 特に共行為事態では誤反応数の減少もみられた。反応しにくい課題は, 聴衆事態においてむしろ誤反応数が増加した。<BR>2. 存在する他者の人数による効果の違いは共行為事態においてはみられず, 聴衆事態において聴衆が1人の場合より聴衆が3人の場合に, 反応しやすい課題での促進効果がより大となる傾向を示した。<BR>3. 他者の存在形態の違いによる課題遂行量の差は, いずれの事態においてもみられなかった。<BR>4. 促進のみられた課題の正反応数を試行ごとにみると, その効果が特に前半に集中していることが示された<BR>以上の結果から共行為効果と聴衆効果について若干の検討が加えられた。

The present study was conducted to investigate the effect of the presence of others on individual behavior in the social facilitation phenomenon, manipulating the following three factors, that is, the degree of response facility to the task, the number of others present and the form of the others' presence.<BR>It was examined how these factors affect the behavior of individuals in both coaction and audience situation, at the same time the difference between the coaction effect and the audience effect was compared (Experiment I: coaction situation, Experiment II: audience situation).<BR>Ss were 144 university students (The number of male and female subjects was 72, respectively).<BR>Subject's task was to rearrange an alphabet sequence.<BR>The main results were as follows.<BR>1. In the facile task to respond, the number of correct responses increased in both coaction and audience situation, and especially for the coaction situation, the number of error responses decreased.<BR>2. The difference of the effect based on the number of others present was not found in the coaction situation, but a tendency of the difference was found in audience situation.<BR>3. Neither coaction nor audience situation produced a difference of performance based on the factor of a form of presence.<BR>4. In the task facilitated, upon examining the number of correct responses over trials, the facilitation effect was observed especially in the first half of the trials.

収録刊行物

  • 実験社会心理学研究

    実験社会心理学研究 19(1), 49-60, 1979

    日本グループ・ダイナミックス学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001610914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00104794
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0387-7973
  • NDL 記事登録ID
    2013946
  • NDL 刊行物分類
    E26;H61;SB0
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z6-716
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ