もうひとつのself-servingbias: 日本人の帰属における自己卑下・集団奉仕傾向の共存とその意味について Another Type of Self-serving Bias: Coexistence of Self-effacing and Group-serving Tendencies in Attribution in the Japanese Culture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 日本人の帰属における自己卑下・集団奉仕傾向の共存を実証することを目的に行われた。検証された仮説は以下の通り。(1) 集団の中の個人は, 自らの遂行については自己卑下的帰属を行い, 内集団の遂行については集団奉仕的帰属を行う傾向が見られる; (2) 仮説 (1) の傾向は内集団の他者に好印象を与えるための自己呈示戦術と考えられるため, 内集団成員の前で公に帰属を表明するときに, より顕著に現われる。<BR>成功状況を扱った実験1・失敗状況を扱った実験2の結果, いずれも, 仮説 (1) の通り, 帰属における自己卑下と集団奉仕傾向が実証された。この傾向は集団内の他者の自尊心への配慮の表れであると同時に, 集団を単位とした間接的な自己高揚の方策として捉えることができる。また, 仮説 (2) については2つの実験の結果は一貫していなかったが, いずれの結果も, 集団奉仕的帰属が, 単なる内集団他者への自己呈示戦術ではなく, より内面化された傾向であることを示唆するものであった。

The present research aimed to demonstrate the coexistence of self-effacing and group-serving tendencies in attribution of success and failure in the Japanese culture. The following hypotheses were examined by two experiments: (1) Individuals within a group tend to make self-effacing attribution for their personal performance and group-serving attribution for performance of their group. (2) These tendencies appear more strongly when they express their attribution in the presence of ingroup members, because it reflects a selfpresentation strategy to gain one's positive public image.<BR>The results of two experiments confirmed Hypothesis 1: The coexistence of self-effacing and group-serving tendencies was found. Both of these tendencies reflect an individual's motivation to support other members' esteem. At the same time, group-serving attribution could be understood as a way of indirect self-enhancement. On the other hand, the results provided mixed support for Hypothesis 2. These results, however, suggest that group-serving attribution is not a mere self-presentation strategy toward ingroup members, but a more deeply internalized tendency of the Japanese people.

収録刊行物

  • 実験社会心理学研究

    実験社会心理学研究 37(1), 65-75, 1997

    日本グループ・ダイナミックス学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001613287
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00104794
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0387-7973
  • NDL 記事登録ID
    4233582
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z6-716
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ