多剤耐性Enterobacter cloacaeによる院内交差感染の分子疫学解析  [in Japanese] Molecular Epidemiology of the Nosocomial Infection by Multidrug-resistant Enterobacter cloacae  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2003年5~7月に多剤高度耐性<I>Enteyobactey cloacae</I>による院内交差感染が疑われたため, 感染経路解析の目的で分子疫学解析を行った. 解析は同時期に分離された<I>E. cloacae</I>26株を対象として行った. このうち, 同一医療従事者グループが関わる可能性が高い症例から分離され, アウトブレイクが疑われたのは10株であった. 細菌ゲノムDNAのSpe I切断後のパルスフィールド電気泳動を行ったところ, 10株中6株が完全に同一の泳動パターン (ゲノム型) を示し, 交差感染が強く示唆された. これら6株はすべてampicillin, piperacillin, cefazolin, cefmetazole, cefaclor, ceftazidime, cefotaxime, aztreonam, levofoxacin, gentamicin, trimethoprim-sulfamethoxazoleに耐性の多剤耐性菌であった. PCRにより, これら6株のすべてからIMP遺伝子が検出されたが, そのうち1株はimipenemのMICが1μg/mL以下で, IMP遺伝子の存在とMIC値が相関しなかった. 院内交差感染が疑われた際には, すみやかに感染の起点となるspreaderと感染経路の特定を行う目的で, 抗菌薬感受性検査のみでなく, ゲノム型および耐性遺伝子解析が必須である.

Journal

  • Environmental Infections

    Environmental Infections 20(3), 159-163, 2005

    Japanese Society of Environmental Infections

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130001723331
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1019475X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0918-3337
  • NDL Article ID
    7689459
  • NDL Source Classification
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-3650
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top