人工心臓制御のための自然心臓動物および人工心臓動物における循環モデルの検討  [in Japanese] Study on relationship between ejection time and hemodynamic response for control of artificial heart.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

人工心臓動物における循環モデルおよび、収縮期比率を規定する要因を検討するため、人工心臓ヤギで、定心拍出量の条件下で実効収縮期比率を変化させる制御系を作成した。この系を用いて実効収縮期比率を変化させて、大動脈圧、左房圧、肺動脈圧、右房圧の値を測定し、体循環抵抗、肺循環抵抗を計算した。<br>大動脈圧、肺動脈圧、体循環抵抗は、実効収縮期比率の変動に対し著明な変化は示さなかつた。これは、定値制御される心拍出量を変化させても同様であった。<br>この結果は、測定されたパラメータからは、生体側から人工心臓の収縮期比率を積極的に規定する因子は求められないことを示し、また、末梢循環系の新たなモデルの必要性を示唆した。

We developed total artificial heart (TAH) control system to justify real ejection time under constant cardiac output. Real ejection time was measured with electromagnetic flow meter on aortic and pulmonary canulae. With this system, hemodynamic response such as blood flow rate of right and left side, aortic pressure (AOP), left atrium pressure, pulmonary artery pressure (PAP), right atrium pressure on TAH goat. The change of AOP, PAP and calculated systemic resistance under variant ejection time was not significant in all measured cardiac output.

Journal

  • Jinko Zoki

    Jinko Zoki 19(1), 45-48, 1990

    JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL ORGANS

Codes

Page Top