CAPDシステムの開発  特にフレームロック(FLAMELOK)システムの材質と性能について:―特にフレームロツク(FLAMELOK®)システムの材質と性能について― Development of CAPD FLAMELOK system.

この論文にアクセスする

著者

抄録

現在、CAPD療法における最も大き左問題として、腹膜炎がある。我々は灌流液バツグの交換操作ミスによる腹膜炎を減少させるため、火炎滅菌を用いたジヨイント方式(FLAMELOK®)を開発し臨床を行つてきた。第四回のISAOのシンポジウムにおける太田らの発表によれは、腹膜炎の発生率は非常に低かつた。しかし、セラミツクスジヨイントについて破損や閉塞左どの点を指摘された。そこでセラミツクスジヨイントの材質を改良し、耐久性・安全性の面から従来のものと比較検討をした。耐熱性, 強度などの物性は従来より向上し、滅菌性能については同等か、やや優る結果を示した。また灌流液に与える交換操作の影響として、ブドウ糖の熱分解生成物である5-ヒドロキシメチルフルフラールの定量を行つたが、濃度の変動はほとんどなかつた。以上のことからFLAMELOK®システムの安全性はさらに向上したものと考えられる。

The most serious complication in CAPD today, is peritonitis. In order to decrease the frequency of peritonitis caused by accidents during the exchange of dialysis solutions, we have developed a new connecting device (FLAMELOK®) which makes use of flame sterilization. Clinical tests were performed on this device, and we have been able to achieve a decrease in the occurrence of peritonitis. However, fracture, crack and choke of the ceramic joints took place. Accordingly, the ceramic joints were improved. On confirmation of the durabiliby and safety of the new joints, we have observed an improvement in the heat resistance and intensity without a loss in the sterile effect.

収録刊行物

  • 人工臓器

    人工臓器 14(1), 115-118, 1985

    一般社団法人 日本人工臓器学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001736161
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0300-0818
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ