谷一郎(1907-1990)の流体力学研究と層流翼の発明 Pages for the history of science: Itiro Tani (1907-1990): His research into boundary layer and invention of laminar flow airfoil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 学術の動向

    学術の動向 12(12), 102-107, 2007

    公益財団法人 日本学術協力財団

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001752490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10527590
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-3363
  • NDL 記事登録ID
    9384974
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B315
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ