中耳粘膜の交感神経分布 Adrenergic Innervation on the Middle Ear Mucosa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

モルモットを用い, 中耳粘膜に於けるアドレナリン作動神経の分布様式をグリオキシル酸を用いた蛍光組織化学法により topographic に観察した. 中耳腔前方とくに耳管開口部附近の粘膜にアドレナリン作動神経の豊富な分布を認め, 一方鼓膜には全くその分布を認めなかった. この前者の分布様式より中耳粘膜において自律神経はその mucociliary system に特に重要な働きをしていると思われた.

Adrenergic innervation on the guinea pig middle ear mucosa was topographically studied by the fluorescence method with glyoxylic acid.<br>There was an apparent regional variation with a greater number of axon terminals in the mucosa around the Eustachian tubal orifice. These results indicated that the autonomic nerve affected the mucociliary system on the mucosa in taking off foreign bodies in the middle ear.

収録刊行物

  • 耳鼻咽喉科臨床

    耳鼻咽喉科臨床 76(1), 95-98, 1983

    耳鼻咽喉科臨床学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001809804
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00107089
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0032-6313
  • NDL 記事登録ID
    2621604
  • NDL 刊行物分類
    SC651(耳鼻咽喉科学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-421
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ