アラブコウモリ幼獣における外部形態の発育と行動 Postnatal Development of External Characters and Behavior in Young <I>Pipistrellus abramus</I>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1971年から1978年にかけて, 香川県内で得られたアブラコウモリ<I>Pipistrellus abramus</I>計167個体の外部形態の発育について調査し, 以下の点が明らかとなった。<BR>1.目は出生後約8~9日で開いた。<BR>2.耳介は出生後約3日で立った。<BR>3.毛は出生後約14日で全身にはえた。<BR>4.飛翔は出生後約19日で開始した。<BR>5.出生後約13日までは, 親が新生児をつれ出していた。

Selected aspects of postnatal development of young <I>Pipistrellus abramus</I> are presented and summarized. Data regarding development that are available for some other species of bat are compared.

収録刊行物

  • 哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan

    哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan 8(4), 117-121, 1980

    日本哺乳類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001817969
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231634
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0546-0670
  • NDL 記事登録ID
    2193546
  • NDL 刊行物分類
    RA38;RA48
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-20
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ