自治体マーケティングの新視点  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

昨今、地域のマネジメントに関心が集まるなか、地方財政の危機などを背景に自治体がその主導的主体から "撤退" しようとしており、地域運営全体を見通す視点が重要性を増している。また相前後して、自治体にも企業の経営管理手法を導入する動きが活発化しているが、自治体運営にマーケティングをいかに位置づけるかという問題は依然残ったままである。<BR>このような状況に対して本稿は、地域マネジメントの特性が「主体の複数性」とそれらの「連携」であるとした上で、マーケティング機能を中枢に据えた自治体運営の基本構造を提示し、「自治体マーケティング」の位置づけを試みる。そして、その新たな展開方向と今後の課題を示して、今こそわが国の環境変化に適合的な「自治体マーケティング論」が希求されていることを問題提起する。

Journal

  • Journal of Marketing & Distribution

    Journal of Marketing & Distribution 7(1), 95-109, 2004

    Japan Society of Marketing and Distribution

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130001844441
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11273780
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-9015
  • NDL Article ID
    6974291
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z71-B410
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top