高度情報化社会[第8回]:高度情報化とテクノストレス Advanced information society (8):Advanced information and technostress

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

コンピュータ, OA機器から産業用ロボットの普及に伴ってテクノストレスと呼ばれる心身の疲労, 健康障害が問題視されるようになった。このテクノストレスは, マスコミがつくり出した心理不安であるとか, コンピュータが直接のストレス発生原因ではないという人もいる。だが一方では多くの症例報告とプログラミング作業から発生するストレス調査もすすんでいる。テクノストレスはコンピュータ関連労働の種類によってその表れと原因が違い, きめ細かい対応が必要である。しかし最終的には, 個人のライフスタイルと企業風土の問題に帰するところが大である。

As technology such as computer, office automation equipments, industrial robots have come into wide use, mental and physical fatigue called technostress as well as health injury has become social issues. Some people attribute this technostress to psychological unrest created by masscommunication or to computer works. On the other hand other people have been conducting investigations of the stress caused by programming works, and gathering information on the related symptoms. The expression and causes of technostress are diverse depending on the kind of computer related labor, therefore, it is necessary to have delicate and detailed countermeasures against it. However, after all technostress is much concerned with individuals' life style and industrial climate.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 31(8), 715-723, 1988

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130001857868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    3201300
  • NDL 刊行物分類
    M041(情報管理)
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ