エージェント・ベースト・モデルの方法と社会学におけるその展開  [in Japanese] The Method of Agent-Based Model and Its Progress in Sociology:  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿の目的は,エージェント・ベースト・モデルの方法の特徴を明らかにするとともに,この方法を用いた研究が社会学の中でどのように展開されてきたのか/されうるのかを議論することである.最初に,エージェント・ベースト・モデルの方法的な特色を,数理モデル分析や計量分析という既存の社会学の方法と比較を通じて,明らかにする.次に,社会学において,エージェント・ベースト・モデルを用いた研究がどのように展開されてきたのかを,社会秩序の生成と社会構造の生成というトピックを題材に確認する.最後に,社会学の重要なテーマでありながら,エージェント・ベースト・モデルを用いた既存の研究ではいまだ未探索となっている領域について議論する.

     The purpose of this paper is to show the features of agent-based model and discuss its progress in sociology. First, this paper will show the features of agent-based model with comparison to the traditional methods in sociology such like mathematical modeling and quantitative analysis. Next, this paper will confirm the progress of agent-based model in sociology, reviewing topics such as (a) the emergence of social order and (b) the emergence of social structure. Last, this paper will discuss the topic which is important in sociology but unexplored in agent-based model.

Journal

  • Sociological Theory and Methods

    Sociological Theory and Methods 26(1), 141-159, 2011

    Japanese Association For Mathematical Sociology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130002080788
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096921
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-1442
  • NDL Article ID
    11115370
  • NDL Call No.
    Z6-2199
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top