友だち関係ネットワークの階層化とスモールワールド性の入れ子構造について:―学生専用SNS のデータ分析とモデリングおよびシミュレーション― Stratification and Nested Structure of Small World in a Friendship Network::Data Analysis, Modeling, and Simulation on a Social Networking Service a.k.a “Tomocom”

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

友だち関係をあらわす社会ネットワーク(友だち関係ネットワーク)を形成する個々人間の地理的距離や社会的距離がネットワークの構造に与える影響を検討した.「トモCOM.JP」とよばれるSNS より得た実データから分析した結果は,友だち関係ネットワークを形成する個々人間の大学の違い(地理的距離もしくは社会的距離)や学年の違い(社会的距離)がそのネットワークの構造に階層化を与えていること,その結果,スモールワールドがつながりスモールワールドを形成していること(スモールワールドの入れ子状態)を示唆している.また,個々人間の地理的距離や社会的距離が友だち関係を結ぶかどうかの判断に影響を与えるとのシナリオのもとでモデルを構築し,シミュレーションを行った結果,友だち関係ネットワークにスモールワールドの入れ子構造が再現された.

     We have analyzed the effects of spatial and social distance on a friendship network. We used the data obtained from “Tomocom” which is a social network service where approximately 350 undergraduate students living in several areas in Japan are participating. From the data, we have found that spatial and social distance between individuals causes stratification in the friendship network and brings about nested structure of small world. Based on what we have found in the data analysis, we have built a model and successfully replicated the nested structure of small world in the simulation.

収録刊行物

  • 理論と方法

    理論と方法 26(1), 83-97, 2011

    数理社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130002080797
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0913-1442
  • NDL 記事登録ID
    11115349
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-2199
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ