北海道のアライグマからのレプトスピラの分離と抗体調査 Isolation of <I>Leptospira</I> from Raccoons and Serological Survey of Leptospirosis in Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉識 綾子 YOSHIKI Ayako
    • 酪農学園大学獣医学部獣医学科獣医細菌学教室 Department of Veterinary Bacteriology School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University
    • 的場 洋平 MATOBA Yohei
    • 酪農学園大学獣医学部獣医学科獣医寄生虫学教室 Veterinary Parasitelogy, School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University
    • 高橋 樹史 TAKAHASHI Tatsufumi
    • 酪農学園大学獣医学部獣医学科獣医細菌学教室 Department of Veterinary Bacteriology School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University
    • 中野 良宣 NAKANO Yoshinori
    • 酪農学園大学獣医学部獣医学科獣医細菌学教室 Department of Veterinary Bacteriology School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University
    • 菊池 直哉 KIKUCHI Naoya
    • 酪農学園大学獣医学部獣医学科獣医細菌学教室 Department of Veterinary Bacteriology School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University

抄録

北海道では野生化したアライグマが増加しているが,アライグマにおけるレプトスピラ症の浸潤状況は十分に知られていない。今回,北海道中央部で捕獲されたアライグマについてレプトスピラの浸潤調査を行った。<BR>捕獲されたアライグマ259頭中10頭(3.9%)からレプトスピラが分離された。肝臓2例(0.8%),腎臓9例(3.5%),尿1例(0.4%)からレプトスピラが分離された。PCR法により60頭(23.2%)からレプトスピラDNAが検出された。肝臓26例(10%),腎臓33例(12.7%),尿28例(10.8%)からレプトスピラDNAが検出された。11種の血清型のレプトスピラを用いて顕微鏡学的凝集反応(MAT)を行った。255頭中63頭(24.5%)でいずれかの血清型に対しての抗体が確認された。その中でもAutumnalisに対して高く,10%以上の陽性率を示した。PCRおよび抗体調査の結果,幼獣よりも成獣のほうが,また地域的には胆振地方の陽性率が高かった。<BR>以上の結果から,今回捕獲した北海道のアライグマにはレプトスピラが広く浸潤していることが明らかになった。アライグマは急増し,人,犬,家畜などとの接触の機会も増えてきている。したがって,アライグマからの人,犬,家畜へのレプトスピラ感染の可能性が危惧された。

A bacterial and serological survey of leptospirosis in raccoons (<I>Procyon lotor</I>) was performed in central Hokkaido, Japan. <I>Leptospira</I> was isolated from 10 (3.9%) of 259 raccoons captured in central Hokkaido. <I>Leptospira</I> DNA was also detected by PCR in samples from 60 (23.2%) raccoons, and leptospiral antibodies were detected in 63 (24.5%) raccoons. The positive rate was highest for serovar Autumnalis (10.8%), followed serovar Canicola, Australis, Ballum, Hebdomadis and Pyrogenes (4.6%). The present study revealed that <I>Leptospira</I> is widespread in raccoons in Hokkaido, and raises concerns regarding the likelihood of humans and domestic animals acquiring, leptospirosis through contact with raccoons.

収録刊行物

  • 獣医疫学雑誌

    獣医疫学雑誌 15(2), 100-105, 2011

    獣医疫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130002098847
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11157349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1343-2583
  • NDL 記事登録ID
    023532476
  • NDL 請求記号
    Z18-B556
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ