家庭による食料品備蓄の便益と費用の形成要因―東海地震に対する静岡市民の備蓄行動を対象として― Overcoming Disincentives to Stockpiling Food in Anticipation of the Next Tōkai Earthquake

この論文にアクセスする

著者

抄録

東海地震は発生が予想される国内有数の震災であるが,その家庭対策の1つとして食料品備蓄が挙げられている.本研究は家庭による食料品備蓄の普及のために,食料品備蓄の便益と費用に対する家庭の評価の形成要因を明らかにすることを目的とした.分析に用いたデータは2011年5月に静岡県静岡市において実施した調査より収集した.分析結果より,食料品備蓄が実施されない理由として,食料品備蓄の必要性が十分に家庭に認識されていないこと,備蓄の計画を立てる能力が不足していることが考えられた.また,食料品備蓄を実施しても継続を断念してしまう家庭が存在するが,その理由として,食料品の買い出しの手間や備蓄食料品の消費の問題,備蓄スペース等の負担が,食料品備蓄を実施した経験により増幅され,顕在化した可能性が考えられた.他方,食料品備蓄の知識が豊富な家庭ほど,食料品備蓄の必要性を認識し,食料品備蓄実施に伴う様々な負担も感じにくい傾向があることが指摘された.さらに,各家庭が持つ備蓄食料品の食味や消費期限に関するイメージが,食料品備蓄の費用に対する評価に大きく影響することが分かった.以上より,地方公共団体や農林水産省等関係機関による情報提供や,備蓄食料品の食味の改良等,高品質化による食料品備蓄の普及の可能性が指摘された.<br>

Major earthquakes have occurred every 100 to 150 years in the Tōkai region of Japan. In anticipation of the next one, authorities recommend the stockpiling of food at home. Many households have not done so, however. To understand why, we surveyed households in Shizuoka City in 2011. A lack of understanding and difficulties in implementing plans explain why many households have not started. Difficulties in managing stockpiles and in making room for storage explain why other households have stopped. Further, food quality affects the costs and benefits of stockpiling food. To reduce disincentives and improve compliance, government, private industry, and NGOs must disseminate advice on how to stockpile and manage food. Improving emergency measures and explaining them to households is an effective way to improve food stockpiling.<br>

収録刊行物

  • 農業情報研究

    農業情報研究 21(2), 42-49, 2012

    農業情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130002104245
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-9482
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ