大学の薬品管理における薬品管理システムの有用性  [in Japanese] Usability for chemical management in university using management system for chemicals  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

   大学は多種多様の薬品を保有しているため、化学物質に関する法令遵守の対応に追われている。近年、これらの対応のために、薬品管理システム等を利用した薬品管理手法が大学に導入され始めている。そこで、大学の薬品管理において、化学物質に関する法令から大学が遵守するべき条文を「入手と使用」、「保管」、「量の管理」、「掲示」に大別して抽出し、薬品管理システムでそれらの遵守項目が満足できるか検討した。<br>   大学内にあるすべての薬品が薬品管理システムに登録されていれば、化学物質に関する法令遵守のための「入手と使用」、「保管」、「掲示」の項目は、薬品管理システムの検索機能を使って確認することが可能である。しかし「量の管理」は、薬品管理システムの集計機能では効率的でない部分があるので、システム運用で注意する必要がある。<br>   薬品管理システムは薬品管理を「支援」するものと認識し、継続的にシステム運用を行う必要がある。また薬品管理システムの集計機能によって法令遵守状況を「定量化」することで、大学における化学物質に関する法令遵守の状況を把握することが、大学の薬品管理を推進させることになる。そのためには、システム運用のための人員確保や人材育成、実験廃液などの管理も含む総合的な化学物質管理システムの構築が必要である。

   Since the university owns various kinds of chemical substances, it complies with the laws and regulations dealing with them. In the last few years, a chemical management support system has started being introduced at the university to deal with them. In this report, we selected four areas concerning regulations to be complied with: "Acquisition and Use", "Management of Usage", "Storage" and "Notice". In addition, we verified whether or not using the system increased efficiency in chemical management.<br>   If all chemicals in the university are registered with the chemical management support system, it is possible that the "Acquisition and Use", "Storage" and "Notice" items can be searched using the system. However, in "Management of Usage", there are insufficient parts in the system's aggregate feature.<br>   We recognize that the system supports chemical management and we need to continuously operate it. Moreover, by performing "Quantification", which is an aggregate feature of the system, we can understand the condition of compliance in regards to chemicals at the university and, in doing so, advance the state of chemical management at the university. To do this, it is necessary to establish a chemical management support system and to allocate personnel and human resources to operate it.

Journal

  • Journal of Environment and Safety

    Journal of Environment and Safety 2(1), 1_51-1_59, 2011

    Academic Consociation of Environmental Safety and Waste Management, Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130002146942
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12480623
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1884-4375
  • NDL Article ID
    11084645
  • NDL Source Classification
    ZE8 // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z72-C36
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top