慢性心不全患者の重症度に応じたQOLと心機能との関連  [in Japanese] Relationship between quality of life and cardiovascular function according to severity stage in patients with chronic heart failure  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,ACC/AHA心不全治療ガイドライン2005の4ステージ間(ステージA~D群間)のQOL(quality of life)を健康関連QOL測定のための包括尺度であるMOS 36-Item Short-Form Health Survey SF36 v2(SF-36)を用いて評価し比較すること,各ステージのQOLと心機能マーカー(LVEF,BNP,CTR)との関連を明らかにすることを研究目的とした.今回,循環器疾患患者958名(回収率72.9%)を対象に以下の結果を得た.ACC/AHA心不全治療ガイドラインに基づいたQOLは,ステージBよりステージD群でQOLが著明に低値であること,さらに,ステージA・B群のQOLは心機能マーカーに強く影響されているが,ステージC・D群のQOLは,心機能マーカーとの関連は弱いことが認められた.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 42(6), 754-761, 2010

    Japan Heart Foundation

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130002147110
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0586-4488
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top