2008 年岩手・宮城内陸地震における斜面に関わる道路構造物の損傷モード分析とそれを踏まえた被害関数の構築 Analysis on Failure Modes of Road Structures due to the Slope Failures in the 2008 Iwate-Miyagi Earthquake and Development of the Related Damage Function

この論文にアクセスする

著者

    • 庄司 学 Shoji GAKU
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
    • 櫻井 俊彰 Sakurai TOSHIAKI
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba

抄録

2008年に発生した四川大地震や岩手・宮城内陸地震においては、震源域が山間部に位置したために、斜面の損傷に関わる道路構造物の被災が特徴的であった。本研究では、土木学会・地盤工学会・日本地震工学会・日本地すべり学会合同調査団により示された平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震災害調査報告書のデータを基に、斜面の損傷に随伴した道路構造物の損傷モードを類型化し、地震動強さから被害率を予測する被害関数の構築を試みた。

The failures of the road infrastructures due to a slope failure during an earthquake such as the 2008 Iwate-Miyagi earthquake and 2008 China Wenchuan earthquake are issued. The induced slope failures cause the various failure modes of road structures. We classified the failure modes of a road structure due to the slope failure by analyzing the 196 database on the damage of road structures in the 2008 Iwate-Miyagi earthquake from the view point of the geological features and the distance from the hypocenter. In addition, based on the analysis for total 531 database on the damage of the road structures, the related damage functions by peak ground acceleration and peak ground velocity are developed.

収録刊行物

  • 日本地震工学会論文集

    日本地震工学会論文集 11(5), 94-106, 2011

    公益社団法人 日本地震工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130002153015
  • 本文言語コード
    UNK
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ