トロンビン受容体PAR1の立体構造  [in Japanese] Three dimensional structure of thrombin receptor PAR1  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

❖Points❖<br>①PAR1(protease activated receptor 1)とそのアンタゴニストであるボラパクサール(vorapaxar)の複合体の結晶構造が決定された.<br>②PAR1のリガンド結合ポケットは,他のG蛋白共役型受容体とは異なり,閉じている.<br>③ボラパクサールはPAR1分子の表面近傍において,洞窟の中にはまり込むようにして結合しており,ほとんど溶媒に曝されていない.<br>④この特徴的な結合様式は,ボラパクサールのPAR1への強固な結合を説明する.<br>⑤トロンビン受容体を標的とする新しい抗血小板薬開発に向けてのヒントを提供する.

Journal

  • Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 24(4), 454-459, 2013

    The Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003367371
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-7441
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top