市民農園参加者のための作物栽培事例データベースシステム Case Database System of Cultivation Method for the Participants of a Kleingarten

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

余暇として園芸活動を行う市民農園参加者のために,栽培技術に秀でた参加者の知識と経験を伴った栽培方法の情報提供を目的とする,作物栽培事例データベースシステム(DBシステム)を開発した.DBシステムはWeb上に構築し,利用者が情報を閲覧あるいは蓄積したい環境を整備した.その構成は,一般情報データベース,事例データベース,日誌データベース,検索エンジン,管理システムとした.一般情報データベースは,宇都宮大学市民農園で栽培された主な作物11種類の基本的な栽培方法の情報をもとに構築し,事例データベースは,参加者の市民農園日誌から抽出した211の事例データから構築した.

A case database system (DB System) was developed to inform the participants of a Kleingarten (similar to an English allotment garden) of appropriate crop cultivation methods based on participants' knowledge and experiences. The DB system consisted of a general database, case database, logbook database, search engine, and a management system.<br>The general knowledge database was constructed using information on the basic cultivation method for 11 varieties of crops that had predominantly been grown in the past four years in the Kleingarten of Utsunomiya University, and the case database was constructed from 211 cases extracted from logbooks recorded by the participants. The DB system was constructed on a Web server to accumulate the knowledge and experiences of skillful participants, and to make that information available to beginners.

収録刊行物

  • 農業情報研究

    農業情報研究 13(3), 237-246, 2004

    農業情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003367841
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10481161
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-9482
  • NDL 記事登録ID
    7136252
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-3538
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ