表紙生成エンジンを用いた二次元配置型 Web キュレーションシステムの開発  [in Japanese] A Web Content Curation System using Cover Generate Engine on Two-Dimensional Layout  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 重田 桂誓 SHIGETA Keisei
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科.現在の所属は株式会社ミクシィ Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba. present affiliation is mixi, Inc.
    • 宇陀 則彦 UDA Norihiko
    • 筑波大学図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba.

Abstract

現在,Web コンテンツを対象としたキュレーションが注目されている.キュレーションとは,あるテーマに対して人が独自の視点でコンテンツを取捨選択し,1つにまとめることである.キュレーションにおいては,このようなコンテンツを解釈する視点であるコンテキストが重要とされている.しかし,Naver まとめをはじめとする既存サービスでは,多様なコンテキストを表現できない.さらに,コンテキストの直感的な把握ができないため,試行錯誤しながらよりよいキュレーションを行うことが困難である.この問題を解決するために,本研究では表紙生成エンジンを用いた二次元配置型 Web キュレーションシステムを開発した.二次元配置は Web コンテンツの自由なレイアウトやキュレーションされたページ全体の俯瞰を可能にする.一方,Web ページの表紙は,画像やテキスト,色を組み合わせて生成するため,個々のページの内容やコンテキストの直観的な把握を助ける.本システムの有効性を評価するため,学生 16 名を対象に Naver まとめとの比較実験を行った.その結果,本システムの方が多種多様な表現によるキュレーションが行われ,また,まとめたページに含まれる視覚的要素の割合も高かった.さらに,本システムの方がコンテンツの見た目や直観性を意識してキュレーションする傾向も確認できた.

Recently, curation of web contents is widely spotlighted. Curation is selection and summarization of contents from one's viewpoint on a theme. It is important for curation to represent the context in which one can interpret curated contents. However, with existing services, such as Naver matome, both representing a variety of context and understanding the context intuitively are difficult. Consequently, one can not curate web contents effectively by trial and error. Therefore, we developed a web content curation system using cover generate engine on two-dimensional layout. Two-dimensional layout enables to layout many contents flexibly and to overlook the whole of the curated page. Cover of a web page, which is composed of images, texts and colors in the web page, enables to understand each content and context intuitively. To evaluate our system, we conducted an comparative experiment with Naver matome. As a result, our system showed more variety of representation of curations, and had more visual elements in the curation pages than Naver matome. Also, users using our system tended to be attentive toappearance and intuition of contents.

Journal

  • Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 25(1), 609-623, 2013

    Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003368212
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1347-7986
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top