わかさぎ中の放射性セシウムの調理による除去効果に関する検討 Reduction of Radioactive Cesium Content in Pond Smelt by Cooking

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国は海に囲まれ,魚介類が豊富な食環境にあるため,さまざまな魚介類を多種多様な調理法によって調理し,日常的に摂取している.平成23年3月の原発事故以降,放射性物質による魚介類の汚染が懸念されるため,魚介類の汚染状況を把握するとともに魚介類を介した放射性物質の内部被ばくを回避することが必要不可欠となった.そこで,本研究ではわかさぎを4種類の方法(素焼き,甘露煮,から揚げ,南蛮漬け)で調理し,わかさぎ中の放射性セシウム量の調理前後の変化を検討した.その結果,素焼き,甘露煮,から揚げでは,放射性セシウムの除去率は10%以下であり,除去効果は少なかった.一方で南蛮漬けは,今回の検討の中で最も高い約30%の除去率を示し,加熱後に調味液へ浸漬する調理法でも放射性セシウムの除去に効果があることが明らかとなった.

In Japan, seafood may be eaten raw or after having been cooked in diverse ways. Therefore, it is important to understand the effect of cooking on the extent of contamination with radioactive materials in order to avoid internal exposure to radioactive materials <i>via</i> seafood. In this study, we investigated the changes in radioactive cesium content in pond smelt cooked in four different ways: grilled, stewed (kanroni), fried and soaked (nanbanzuke). The radioactive cesium content in grilled, kanroni and fried pond smelt was almost unchanged compared with the uncooked state. In contrast, radioactive cesium content in nanbanzuke pond smelt was decreased by about 30%. Our result suggests that soaking cooked pond smelt in seasoning is an effective method of reducing the burden radioactive cesium.

収録刊行物

  • 食品衛生学雑誌

    食品衛生学雑誌 54(4), 303-308, 2013

    [日本食品衛生学会]

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003369307
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00117741
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0015-6426
  • NDL 記事登録ID
    024876295
  • NDL 請求記号
    Z19-364
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ