マツノマダラカミキリに残る共生細菌感染の痕跡 Trace of Symbiotic Bacterial Infection in Japanese Pine Sawyer <I>Monochamus alternatus</I>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 相川 拓也 Aikawa Takuya
    • 独立行政法人森林総合研究所東北支所 Tohoku Research Center, Forestry and Forest Products Research Institute

抄録

昆虫類には体内に微生物を宿し, その微生物と共生関係を築いている種が数多く存在する。ボルバキアは昆虫を含む節足動物や線虫類に広く感染している細胞内共生細菌で, 細胞質不和合, 雄の雌化, 雄殺し, 産雌性単為生殖などの方法で宿主生物の生殖機能を操作し, 自らを効果的かつ急速に宿主個体群中に広めてゆく。これまで, マツ材線虫病の病原体であるマツノザイセンチュウを媒介するマツノマダラカミキリからもこのボルバキアの遺伝子が検出されていたことから, マツノマダラカミキリにもボルバキアが感染していることが示唆されていた。ところが, その後の研究によって, ボルバキアがマツノマダラカミキリに感染しているのではなく, ボルバキアの遺伝子だけがマツノマダラカミキリの常染色体上に転移していることが明らかとなった。この事実は, マツノマダラカミキリに感染していたボルバキアは, 自らのゲノムの一部を宿主に残し, その後, 宿主から消え去ったことを示唆している。本稿ではこれまでの研究で明らかにされたマツノマダラカミキリとボルバキアの間の特異的な関係を詳しく紹介するとともに, それらの知見から導かれる今後の研究の方向性についても議論する。

Insects carry various endosymbiotic bacteria which can affect the reproductive capabilities of their hosts. <I>Wolbachia</I> is a common and widespread group of intracellular symbiotic bacteria found universally within various groups of arthropods and nematodes. They manipulate insect host reproduction by causing cytoplasmic incompatibility, feminization, male killing or parthenogenesis. The ability of <I>Wolbachia</I> to cause reproductive alteration drives their efficient and rapid spread in host populations. <I>Monochamus alternatus </I>is the longicorn beetle notorious as spreading the pine wilt disease as a vector of the pathogen, pinewood nematode. In previous studies, a <I>Wolbachia</I> gene was detected in <I>M. alternatus</I>, suggesting that this insect has been infected with <I>Wolbachia</I>. However, subsequent studies revealed that <I>M. alternatus</I> was not infected with <I>Wolbachia</I> but had many <I>Wolbachia</I> genes on an autosome, indicating that lateral gene transfer from <I>Wolbachia</I> to <I>M. alternatus</I> has occurred. The findings suggest that the <I>Wolbachia</I> endosymbiont that had infected <I>M. alternatus</I> have disappeared from the insect, leaving part of its own genome. This review highlights the interesting association of <I>Wolbachia</I> with <I>M. alternatus</I> as indicated by recent studies and proposes the future directions of research on this topic.

収録刊行物

  • 日本森林学会誌

    日本森林学会誌 94(6), 292-298, 2012

    日本森林学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003369348
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12003078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8509
  • NDL 記事登録ID
    024249247
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ