<I>Bursaphelenchus</I>属線虫の植物病原性と媒介者の生活史特性の関連 Association between Plant Parasitism of <I>Bursaphelenchus</I> Nematodes and the Life History Traits of their Vector Insects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 神崎 菜摘 Kanzaki Natsumi
    • 独立行政法人森林総合研究所森林微生物研究領域 Department of Forest Microbiology, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 竹本 周平 Takemoto Shuhei
    • 独立行政法人森林総合研究所森林微生物研究領域 Department of Forest Microbiology, Forestry and Forest Products Research Institute

抄録

昆虫嗜好性線虫と媒介昆虫との生態的関係の進化に関して, 植物病原性の獲得という観点から考察した。マツノザイセンチュウ近縁種群 (<I>Bursaphelenchus 属 xylophilus </I>グループ) はヒゲナガカミキリ族のカミキリムシ類に便乗して移動分散を行う昆虫便乗性線虫であるが, グループ内では系統的に新しいと考えられるいくつかの種, マツノザイセンチュウ, ニセマツノザイセンチュウ, <I>B. firmae </I>が植物体, 主にマツ属植物に対して, 程度の違いはあるが病原力を有している。一方で, より起源の古い<I>B. doui</I> のように, これらとは非常に近縁でありながらも病原性がないと考えられる種も知られている。このような線虫に関して, 媒介昆虫の生活史特性を比較したところ, 植物病原性のある線虫種を媒介するものは, その生活史において, 樹木の健全な組織に接触する機会が多いということが明らかになった。また, マツノザイセンチュウ近縁種群以外の<I>Bursaphelenchus</I>属線虫でも同様に, 植物病原性を持つ種は媒介昆虫により健全な組織に接する機会が多いことが示唆されている。これらのことから, このグループの線虫の病原性は, 健全な植物体に侵入し, そこで生存する能力に由来し, 媒介昆虫の生活史特性に依存して選択されると考えられた。

The evolutional relationship between insect phoretic nematodes and their vector insects are discussed from the viewpoint of the occurrence of plant parasitism of nematodes. The <I>xylophilus</I> group of the genus <I>Bursaphelenchus</I> is a group of phoretic nematodes that use the Lamiini longhorn beetles as their carrier insects, and several species in the group, <I>B. xylophilus</I>, <I>B. mucronatus,</I> and <I>B. firmae</I> are known to have strong or weak virulence in pine trees. However, regardless of the phylogenetic closeness to those virulent species, <I>B. doui</I> does not have virulence to their host (habitat) pine trees. Then, the presence/absence of plant pathogenicity of nematodes and the life history traits of their vector insects were compared, suspecting that the beetles carrying virulent species have more opportunities to be associated with the healthy wood tissue of the plants during their feeding and oviposition. This tendency seemed also applicable to other two plant parasitic <I>Bursaphelenchus</I> species, <I>B. cocophilus,</I> and <I>B. sexdentati</I>. The plant parasitism (pathogenicity) of <I>Bursaphelenchus</I> nematodes was hypothesized to have occurred as an ability to enter and survive in the healthy plant tissue, <I>i.e.</I>, the occurrence of plant pathogenicity seems to depend on the life history traits of carrier (vector) insects.

収録刊行物

  • 日本森林学会誌

    日本森林学会誌 94(6), 299-306, 2012

    日本森林学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003369349
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12003078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8509
  • NDL 記事登録ID
    024249268
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ