釧路海底谷側壁から採取された泥岩試料の珪藻化石 Diatoms of the mudstone samples collected from the canyon wall of the Kushiro Submarine Canyon, northern Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2006年に実施された「しんかい6500」による潜航調査によって釧路海底谷から採取された12個の岩石試料の珪藻化石分析を行い,これらの試料の堆積年代を明らかにした.釧路海底谷の上流部の側壁から採取された試料の珪藻化石帯は,NPD8帯下部~NPD10下部であり,年代は後期鮮新世~前期更新世である.一方,海底谷の下流部では,斜面堆積物と推定される試料から前期更新世(NPD10帯上部)の珪藻が産出した.また,外縁隆起帯の変形した堆積物からは,中期中新世(NPD7Ba帯),前期中新世(NPD2B帯)及び後期漸新世(<i>Rocella gelida</i>帯)の珪藻が産出した.

    Diatoms were examined from 12 mudstone samples collected by dive surveys of the submersible "Shinkai 6500" conducted in 2006 on the sidewall in the Kushiro Submarine Canyon, off Tokachi, Hokkaido. Diatom assemblages from the samples at the upper reaches are correlative with the lower part of zone NPD8 (early late Pliocene) to the lower part of zone NPD10 (early Pleistocene). At the lower reaches, early Pleistocene diatoms placed to upper zone NPD10 occur in semiconsolidated mudstone of slope sediments. On the other hand, the deformed mudstone samples collected at the outer high region contain poorly preserved diatoms correlated to zone NPD4Ba (middle Miocene), zone NPD2B (early Miocene) and the <i>Roccela gelida</i> Zone (latest Oligocene).

収録刊行物

  • 地質調査研究報告

    地質調査研究報告 61(3-4), 105-123, 2010

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003379218
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11587519
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1346-4272
  • NDL 記事登録ID
    10592138
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-177
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ