高齢者における膝痛の強度と罹患側の違いが メンタルヘルスに及ぼす影響  [in Japanese] Effects of differences in level of knee pain and affected side on mental health in elderly  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

【目的】本研究の目的は,膝痛有訴者の諸特性について調査し,さらに膝痛の強度と罹患側の違いがメンタルヘルスに及ぼす影響について検討することである。【方法】本研究は,65歳以上の自立高齢者750名を対象とし,膝痛,メンタルヘルス(うつ,quality of life(QOL)および認知機能),運動機能,喫煙習慣および社会経済的要因を調査した。そして,膝痛の強度と罹患側の違いからみた諸特性を男女で比較検討した。【結果】女性のみ,右膝痛有訴者で弱群と比較して中等度~強群の方が有意に身体的QOL および認知機能の得点が低かった。男女ともに,膝痛の強度と罹患側の違いでうつの評価尺度であるCESD 得点に有意差は認められなかった。【結論】女性は膝痛の強度と罹患側の違いでメンタルヘルスへの影響が異なる可能性が示唆された。

[Purpose] This study explored the characteristics of elderly patients with knee pain and examined the effects of differences in the level of knee pain and affected side on patients' mental health. [Methods] The study examined knee pain, mental health (depression, quality of life (QOL),cognitive functioning), physical functioning, smoking habits, and socioeconomic factors involving

Journal

  • Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 1(1), 21-28, 2011

    Japan Society of Health Promotion and Physical Therapy

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003379447
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-3741
  • NDL Article ID
    023969810
  • NDL Call No.
    Z74-H239
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top