ホットパックの湿熱法と乾熱法との違いが筋血流量に及ぼす効果 Effects of moist and dry hot pack on microvascular blood volume.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 仲村 匡平 NAKAMURA KOHEI
    • 福岡和白リハビリテーション学院 理学療法学科|西九州大学大学院健康福祉学研究科リハビリテーションコース Department of Physical Therapy, Fukuokawajiro Rehabilitation institute|Graduate School of Health and Welfare, Nishikyushu University
    • 村田 伸 MURATA SHIN
    • 西九州大学リハビリテーション学部 Faculty of Rehabilitation Sciences, Nishikyushu University
    • 村田 潤 [他] MURATA JUN
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 Department of Health Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
    • 古後 晴基 KOGO HARUKI
    • 久留米リハビリテーション学院理学療法学科 Department of Physical Therapy, Kurume Rehabilitation institute

抄録

[目的]本研究は,ホットパック(以下HP)表面温度と皮膚表面温度を調整し,湿熱法と乾熱法での下腿の筋血流量を比較検討した。[対象]健常成人5名10脚とした。[方法]対象者は腹臥位で,下腿部後面にHP を20分間実施した。湿熱法はHP をコットンタオル8枚で巻き,乾熱法はHP をビニール袋で包んだ後,コットンタオル3枚で巻いて施行した。皮膚表面温度と筋血流量の測定は,HP 施行前後に行った。[結果]下腿の筋血流量の変化率は,HP 施行前と比較し,湿熱法施行後に有意な増加が認められたが,乾熱法施行後では有意な増加は認められなかった。[結語]HP 療法における湿熱法は下腿の筋血流量を増加させる手段として有効であることが示された。

To examine the effect of moist and dry hot packs (HPs) on lower leg circulation, 10 lower limbs of 5 healthy adults were studied. A moist or dry HP was applied to the calf in the prone position for 20 minutes; the former was wrapped in 8 cotton towels, and the latter in a vinyl bag and 3 cotton towels. The skin surface temperature and microvascular blood volume were measured before and after HP application. As a result, a significant increase in the microvascular blood volume of the lower leg was observed after the application of a moist HP. Such an increase was not observed with dry HPs. These results demonstrated that moist HPs are effective to increase lower leg circulation.

収録刊行物

  • ヘルスプロモーション理学療法研究

    ヘルスプロモーション理学療法研究 2(1), 23-26, 2012

    日本ヘルスプロモーション理学療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003379469
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2186-3741
  • NDL 記事登録ID
    023995225
  • NDL 請求記号
    Z74-H239
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ