高地順化のための安静時低酸素吸入がその後のトレーニングに及ぼす影響 Effect on the training after hypoxic condition for acclimatization to altitude

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高地で行われるスポーツ競技会に対し、平地と同様のパフォーマンスが発揮できるよう「高地順化」が求められる。しかし、高地にまとまった期間、滞在しトレーニングを行うには経済的、時間的にも負担が大きく、さらに高地でのトレーニングではトレーニングの強度や量の低下が心配される。2010年に開催されたワールドカップ南アフリカ大会のサッカー男子日本代表は、事前に平地(国内)で安静時に低酸素を吸入し、高地順化を促進する取り組みを行い、ある一定の成果を収めることができたとされている。しかし、特殊なツールを用いた安静時での低酸素吸入に関しては、不明な部分も多く、トレーニングの順序性を考える上で、安静時の低酸素吸入がその直後に行うトレーニングへ悪影響を及ぼす可能性が危惧されるところである。そこで、本研究の目的は、低酸素吸入後にオールアウトまでの運動を行い、通常環境(常酸素)で行った運動と比較して、生体への負担度や運動能力に影響が生じないかどうかを検討することである。8名の健常な男性を対象とし、安静時に低酸素吸入ツールを用いて低酸素吸入(SpO2 88~92 %;1時間のプログラム)をさせ、安静(常酸素)30分後にハンドエルゴメーターを用いて多段階漸増負荷法でトレーニングをさせた。また、低酸素吸入をしない環境(常酸素)でも同様のことを行わせた。各負荷での心拍数、血中乳酸濃度および主観的運動強度(RPE)の値は負荷が上がることに上昇したが、各測定項目の最大値も含めて低酸素吸入の有無による差は認められず、運動継続時間についても有意な差は認められなかった。本研究の結果より、平地で安静時に低酸素吸入をさせても、30分後の平地での通常の運動トレーニングには悪影響を及ぼさないと考えられた。

The aim of this study is to examine the adverse effects of hypoxic condition using by hypoxic device for the acclimatization to altitude. Eight untrained male volunteers (mean age 28.2 years old) participated in this study. Subjects alternated of breathing through the re-breathing device (ALTO2Lab, Douglas Pharmaceuticals, Auckland, NZ) for 60 min program (SpO2: 88-92 %). Training session started after a rest of 30 min (normoxia). Subjects did hand ergometer exercise (60 rpm) as training by using Angioergometer. Training session consisted of gradual increase load training (30 W, 60 W, 90 W ...). If hand ergometer decreases under the 54 rpm for 10 seconds, the training is finished (all out). This session is considered as hypoxic session. Subjects did the same training without the re-breathing device two weeks after or before the hypoxic session. This session is considered as normoxic session. We compared the heart rate (HR), blood lactate concentration (BLa) and ratings of perceived exertion (RPE) of the hypoxic session with those of normoxic session at each point. We also compared the exercise duration (ED). There were no significant difference between hypoxic session and normoxic session in the HR, BLa, RPE and ED. Thus, we concluded that the single hypoxic exposure (about 1 hour) don't have the adverse effect to the latter training.

収録刊行物

  • 科学・技術研究

    科学・技術研究 2(1), 31-34, 2013

    科学・技術研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003381624
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2186-4942
  • NDL 記事登録ID
    024912201
  • NDL 請求記号
    Z74-H486
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ