日本への侵入が初めて確認された貯穀害虫の天敵クロセスジハナカメムシ<i>Dufouriellus ater</i> (Dufour)  [in Japanese] First Record of <i>Dufouriellus ater</i> (Dufour) (Heteroptera: Anthocoridae) from Japan, an Adventive Natural Enemy of Stored Food Insect Pests  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

穀物貯蔵施設における害虫の天敵には,在来種ばかりではなく,人為的伝播によって他地域より無作為に移入された種も多数知られる。わが国でも物資の運搬に伴って侵入したと考えられる移入天敵がいくつか見つかっている(高橋・Romero,2001)。カメムシ目昆虫における代表的な移入天敵として,ケブカサシガメPeregrinator biannulipes(Montrouzier and Signoret,1861)およびコメグラサシガメAmphibolus venator(Klug,1830)が知られているものの(高橋・Romero,2001;石川ら,2012;高井,2012),日本ではこれら2種は沖縄本島の精米施設や穀物貯蔵施設で見られ,野外からは発見されていない。また,起源は判然としないものの,ヨツボシキノコカスミカメFulvius anthocoroides(Reuter,1875)が,小笠原諸島のニワトリの餌箱に発生し,餌を食害する甲虫類の幼虫を捕食することも報告されている(高橋ら,2000)。2009年から2012年の間に,関東地方の複数の工場において,屋内に設置された粘着板トラップに微小なカメムシが貼り付いているのが確認された。この正体不明のカメムシは,山田によってハナカメムシ科に属する日本未記録のDufouriellus ater(Dufour,1833)と同定された。その後,栃木県ではほぼ同じ時期に野外からも採集され,さらに2013年1月には,神戸市の人工島であるポートアイランドにおいて街路樹の樹皮下から多数の成虫と幼虫が確認された。本種はヨーロッパ原産で全北区に広く分布するが(Pericart,1972,1996),最近,南アメリカやハワイからも記録されている(Carpintero,2002;Lattin,2005)。東アジアにおいては,中国東部の沿岸地域からも知られる(Zheng and Bu,1990)。自然下では樹皮下に生息するものの,穀物貯蔵施設や貯木所でも頻繁に発生し,害虫の個体群抑制に効果のあることが知られており(Arbogast,1984;Awadallah et al.,1984),自然分布域外へ穀物や木材の運搬に伴って分布を拡大したと考えられている(Kelton,1978;Lattin,2000)。本稿では,本種に'クロセスジハナカメムシ'の和名を与え,日本から初めて記録するとともに,本種の同定の一助となすべく,形態的特徴を詳述・図示した。あわせて,これまでに得られた生態的知見についても報告したい。本文に先立ち,発生現場での調査にご協力いただいた高橋智行氏,野外での発生状況ならびに標本を提供いただいた栃木県の前原諭氏,伊丹市昆虫館の長島聖大氏,田中良尚氏,角正美雪氏,および原稿を読み,有益な助言をくださったアメリカ自然史博物館の安永智秀博士に厚くお礼申し上げる。

An anthocorid bug species, <i>Dufouriellus ater</i> (Dufour, 1833), which was abundantly collected by light trap for stored food insect pests in a factory in Gunma Prefecture, is recorded from Japan for the first time. This species is known mainly from the Holarctic Region, and recently introduced to the South America and Hawaii. Introduced populations in North America and Hawaii have been found from stored products and wood products. It is assumed that this species has been accidentally introduced to Japan recently as its occurrence is mainly restricted to certain areas in Kantô District. Brief notes on the diagnostic characters and biological information are also provided.

Journal

  • Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology

    Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology 57(3), 185-189, 2013

    JAPANESE SOCIETY OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003382553
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186121
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL Article ID
    024858965
  • NDL Call No.
    Z18-41
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top