NAFLDの診断と検査法のupdate  [in Japanese] An update on the diagnosis and examination of NAFLD  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 鎌田 佳宏 KAMADA Yoshihiro
    • 大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学|大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学 Department of Gastroenterology and Hepatology, Osaka University, Graduate School of Medicine|Department of Molecular Biochemistry & Clinical Investigation, Osaka University, Graduate School of Medicine
    • 三善 英知 MIYOSHI Eiji
    • 大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学 Department of Molecular Biochemistry & Clinical Investigation, Osaka University, Graduate School of Medicine
    • 竹原 徹郎 TAKEHARA Tetsuo
    • 大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学 Department of Gastroenterology and Hepatology, Osaka University, Graduate School of Medicine

Abstract

NAFLDからNASHを鑑別診断するには肝生検が必要であるが,わが国に約1000万人いるNAFLD患者すべてに行うことは困難である.最近,非侵襲的なNASH診断法としてさまざまな血液マーカーを用いたスコアリングシステム,最新の画像診断法であるエラストグラフィーやControlled Attenuation Parameter(CAP)が用いられるようになってきた.また単一の血液マーカーとしてサイトケラチン18断片の有用性が報告されている.われわれは最近糖鎖マーカーを用いた新規NASH診断の血液バイオマーカーを発見した.これら非侵襲的診断法は肝生検に取って代わる新しいNASH診断法となることが期待される.<br>

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 111(1), 25-34, 2014

    The Japanese Society of Gastroenterology

Codes

Page Top