携帯電子機器によるワンストップ管理システム確立を目指した温室内環境確認のためのUECSアプリケーションの試作  [in Japanese] Trial Development of Ubiquitous Environment Control System Applications to Establish One-stop Management System for Greenhouse Environments by Mobile Electronic Devices  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

園芸施設において,ユビキタス環境制御システム(UECS)の通信規格である共用通信子(UECS-CCM)を情報プラットホームにして総合的な生産管理を行わせようとする,「施設植物生産支援のためのワンストップサービスシステム」が提案された.このシステムでは,パソコンに代わり,スマートフォンなどのネットワーク通信機能を備えた携帯電子機器(ガジェット)を使用し,生産者が操作を行う.開発OSを選定するため,UECS室内気象ノードから配信される計測情報をGUIによって表示・確認するためのアプリを,AndroidとiOSの2つのOSで試作・評価した.試作された両OS用のアプリは,ほぼ同様の機能を実現することができた.しかし,表示内容の再現性,インストール方法等において,いくつかの差異が認められ,ワンストップサービスシステムが標準で採用するOSにはAndroidが望ましい結果になった.

We propose a mobile gadget-based system for managing greenhouse plant production based on the Ubiquitous Environment Control System—Common Corresponding Message (UECS-CCM) standard. The system allows greenhouse growers to manage production from a mobile electronic device such as a smartphone or tablet instead of a PC. To select the best device operating system (OS) to use, we developed and tested sample software to display environmental data collected and transmitted by the UECS from a climate monitor in a greenhouse, under Google Android OS and Apple iOS. Although the software performed similarly under each OS, differences in the reproducibility of display contents and in procedures for installation led us to adopt Android OS.

Journal

  • Agricultural Information Research

    Agricultural Information Research 22(4), 193-200, 2013

    Japanese Society of Agricultural Informatics

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003384249
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-9482
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top