ジアミノマレオニトリルおよびその誘導体によるエポキシ樹脂の硬化と硬化物の物性 The Curing of Epoxy Resins (XIX) The Curing of Epoxy Resins with Diaminomaleonitrile and Its Derivatives

この論文にアクセスする

著者

抄録

高融点の粉体であるジアミノマレオニトリル (DAMN), そのN-アルキル誘導体およびその, schiff baseをエポキシ樹脂の潜在性硬化剤として検討した。<BR>これらの硬化剤をエポキシ樹脂に分散すると約2ケ月のポットライフがあり, 150℃以上に加熱すると円滑に硬化して, 良い硬化物が得られた。<BR>DAMNとそのN-アルキル誘導体では, エポキシ基1molに対して1/8molから1/3molまで配合量を変化させた硬化物のガラス転移温度 (Tg) と橋架け密度 (ρ<SUB> (E′) </SUB>) の最大は約1/6molのとき得られ, それぞれの硬化剤のアミン活性水素の数から予想される配合量とは異なるものであった。<BR>DAMNのSchiff baseによる硬化物は予想に反し, Tgが200℃と非常に高く, ρ<SUB> (E′) </SUB> も大きかった。しかし, ρ<SUB> (E′) </SUB> の最大値が得られる配合量は1/5molのときで, Tgの最高は1/4molの配合物で, 特異な結果であった。<BR>以上の結果のように, これらの硬化物の物性は一般のエポキシ樹脂の硬化物とは異なっているため, 硬化物の構造を解明することができなかった。

Diaminomalenonitrile (DAMN), its N-alkyl derivatives and its Schiff base were studied as latent curing agents for epoxy resin.<BR>The epoxy resin with such a curing agent in a dispersed state had a pot life longer than two months at room temperature and cured smoothly when heated above 150°C. The maximum glass-transition temperature (Tg) and cross-linking density (P <SUB> (E') </SUB>) for cured epoxy resins with DAMN and its N-alkyl derivatives were shown when the molar ratio of epoxy group to the curing agent was 6 : 1, contrary to expection from the chemical structures of these curing agents. The epoxy resins cured with Schiff base of DAMN had very high Tg, e. g. 200°C and P<SUB> (E') </SUB>, though the maximum P<SUB> (E') </SUB> and Tg for the cured resin was at the molar ratio of 5 : 1, and 4 : 1, respectively. In the results, DAMN and its derivatives were shown to be good latent curing agents, but the structure of the cured resins with these curing agents were not clarified.

収録刊行物

  • 熱硬化性樹脂

    熱硬化性樹脂 10(1), 1-9, 1989

    Japan Thermosetting Plastics Industry Association

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003388744
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0388-4384
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ