アンチトロンビンの構造と機能  [in Japanese] Structure and function of antithrombin  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

要約:血液凝固反応は,血漿中のセリンプロテアーゼ凝固因子前駆体の逐次的活性化により生成したトロンビンがフィブリノーゲンをフィブリンに変換することにより完結する.凝固反応の行き過ぎにより血栓症が引き起こされると考えられるが,生体はそれを制御する機構としてプロテアーゼインヒビターによる凝固制御系とプロテインC 凝固制御系を有する.プロテアーゼインヒビターによる凝固制御系において,中心的な役割を果たすのがセリンプロテアーゼインヒビター(SERPIN)であり,SERPIN 蛋白質の中で凝固制御において最も重要な役割を担っているのがアンチトロンビン(AT)である.加えて,AT は,抗炎症作用,腫瘍増殖抑制作用および抗ウイルス作用なども有することが示されている.

Journal

  • Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 25(1), 23-32, 2014

    The Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003393335
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-7441
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top