ウツタイン様式データにおけるエラー発生の検討  [in Japanese] Occurrence of errors in Utstein-style records of out-of hospital cardiopulmonary arrest  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

目的:ウツタインデータ中に発生するエラーの種類と頻度を調査する。方法:茨城県A 市,B 市,およびC 市消防本部管内で2007 年1 月からの4 年間(B 市のみ3 年間)に発生した病院外心肺停止事例を対象とし,ウツタインデータ中のエラーの種類を分類するとともにエラー発生率を比較した。結果:3 市消防本部のデータからは欠損値,外れ値,矛盾値,およびウツタイン対象外としてA 市で108 件,B 市で86 件,C 市で22 件のエラーが発見され,エラー発生率はそれぞれ18.3%,11.5%,3.1% でC 市のデータ精度が最も高かった。このほかA 市では,「目撃なし」でありながら目撃日時が入力された事例が186 件あった。A 市のデータを傷病名等と照合すると,心肺停止推定原因に誤りのある例が56 件あった。結論:ウツタインデータのエラー発生率には消防本部間で大きな違いがあった。解析上重要なエラーも多数含まれており,このデータを用いた疫学研究の信頼性が懸念される。

Journal

  • Journal of Japanese Society for Emergency Medicine

    Journal of Japanese Society for Emergency Medicine 17(1), 49-55, 2014

    Japanese Society for Emergency Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003398105
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-0581
  • NDL Article ID
    025311213
  • NDL Call No.
    Z74-B645
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top