乳酸菌のラクトース資化の特徴  [in Japanese] Characteristics of Lactose Utilization in Lactic Acid Bacteria  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

牛乳には、約4.5%のラクトースが含まれている。発酵乳の製造に用いられる乳酸菌は、ラクトースをエネルギー源として利用し、主に乳酸を産生する。発酵乳の製造に使用される乳酸菌の代表は、Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus、およびStreptococcus thermophilusである。FAO/WHOの国際規格では、ヨーグルト(Yoghurt)には、この2菌種の乳駿菌を含むものと規定されている。発酵乳を生産する上で、効率的なラクトース発酵は工業的に重要であるため、乳酸菌によるラクトース資化には、これまで多くの関心が寄せられてきた。

Journal

  • Milk Science

    Milk Science 59(2), 131-136, 2010

    Japanese Dairy Science Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003398688
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11125739
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1343-0289
  • NDL Article ID
    10801377
  • NDL Source Classification
    ZP34(科学技術--食品工学・工業) // ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z17-382
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top