道路側溝での両生類の転落死防止方法 Prevention of Amphibian Mortality in Roadside Ditch.

この論文にアクセスする

著者

抄録

道路側溝への両生類の転落死は両生類減少の一因として問題とされている。それを防止するために, 簡易な後付けスロープ型脱出装置をつけた場合の効果, 脱出装置の改良方法を調べた。スロープ型脱出装置をつけた場合, アズマヒキガエルでは側溝からの脱出数が多くなるという効果がみられたが, ニホンアカガエルでは装置がなくともジャンプによる脱出が可能なため効果はわからなかった。脱出装置は, 一部の種とはいえ効果があるので, 道路側溝につけるべきである。移動力の弱いアズマヒキガエルの幼体を用いた脱出装置の改良実験では壁面の角度が30度以下になると, 壁面が乾燥条件でも全個体脱出できた。これらから, 100%脱出可能な側溝は, 角度が30度より浅いV字溝になることを示した。

Mortality of amphibians due to roadside ditches has been a matter of concern recently in Japan. Two experiments were done, aimed at prevention of this mortality. A slope attachment improved the chance of the eastern-Japanese common toad, <I>Bufo japonicus formosus</I>, escaping from a roadside ditch. However, since the Japanese brown frog, <I>Rana japonica</I>, escaped by jumping from the ditch, the slope attachment did not change the number of frogs remaining in the ditch. The angle of escape slope on which toadlets could climb was less than 30 degree. Thus, we recommended a shallow V-shaped ditch with an angles of less than 30 degrees for better protection of migrating amphibians.

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 83(2), 125-129, 2001

    THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003580464
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0021-485X
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ