福岡市におけるダイズ加害性カメムシ類の卵寄生ばちの季節的寄生消長 Seasonal egg parasitism of phytophagous stink bugs in a soybean field in Fukuoka.

この論文にアクセスする

著者

抄録

福岡市で一つの圃場に夏ダイズと秋ダイズを栽培し,7月下旬より10月中旬まで,ダイズ加害性カメムシ類の卵寄生蜂の種類とその寄生消長について調査を行った。このダイズ圃場で成虫と卵がともに観察されたカメムシは,ホソヘリカメムシ,イチモンジカメムシ,マルシラホシカメムシ,マルカメムシの4種であった。寄生が確認された卵寄生蜂は,上記4種のカメムシに寄生していたカメムシタマゴトビコバチ,イチモンジカメムシとマルシラホシカメムシに寄生していたTetenomus sp.,ホソヘリカメムシとイチモンジカメムシに寄生していたOcencyrtus sp.,ホソヘリカメムシにのみ寄生していたヘリカメクロタマゴバチの4種であった。カメムシタマゴトビコバチとTelenomus.sp.は7月下旬から10月上旬まで連続してダイズ圃場で寄生活動がみられたが,これは同じ圃場で寄主がその構成種は異ってもほぼ連続的に存在するため,蜂が数世代を繰り返し繁殖したと考えられる。しかし,ヘリカメクロタマゴバチとOcencyrtus sp.は7月下旬から8月上旬と8月下旬の短期間のみ寄生が認められ,この圃場で数世代にわたる繁殖は行われなかった。

Eggs and adults of phytopahgous stink bugs were subjected to a census at intervals of 1 week in a soybean field in Fukuoka during the period from late June to mid October in 1984. Eggs and adults of four stink bugs, Riptortus clavatus, Piezodorus hybneri, Eysarcoris guttiger and Megacopta punctissimum were detected in the census field. Egg parasitism of these stink bugs involved four parasitoid species: Ooencyrtus nezarae collected from all the four host species, Telenomus sp. from P. hybneri and E. guttiger, Ooencyrtus sp. from R. clavatus and P. hybneri, and Gryon hakonensis from R. clavatus. Although parasitism of host eggs by G. hakonensis and Ooencyrtus sp. was found only during the period from late July to early August, parasitism by O. nezarae and Telenomus sp. was continuously observed throughout the census period. This seasonal pattern of parasitism by the latter two species may be ascribed to the reproduction in the census field associated with their short generation times and the continuous host supply for a long period.

収録刊行物

  • 九州病害虫研究会報

    九州病害虫研究会報 31, 127-131, 1985

    九州病害虫研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003636244
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0385-6410
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ