施設栽培のナス青枯病に対する太陽熱利用の防除効果  [in Japanese] Effect of soil solarization on the control of bacterial wilt of eggplant in vinyl house.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

ナス青枯病に対する太陽熱処理の防除効果について検討した。土壌中の病原細菌に対しては地下0~40cmでは菌数が激減したが,それ以下ではかなりの残存菌が認められた。一方根部残さ中の菌に対する効果は,地下10cmまでであった。以上のことから,太陽熱処理の防除効果は,地下0~40cmまでと考えられるが,罹病株の残さ等が土壌中に残存している場合には効果が落ちる。よって,本処理を補完するための抵抗性台木等の利用についてさらに検討する必要がある。

Journal

  • Kyushu Plant Protection Research

    Kyushu Plant Protection Research 33, 45-47, 1987

    The Association for Plant Protection of Kyushu

Codes

Page Top