湖周辺の局地気候:第1報 洞爺湖周辺, 冬期の気温分布 Local Climate near the Small Lake:Part 1. Air Temperature Distributions near Lake Toya, Hokkaido, in Winter

この論文にアクセスする

著者

    • 山本 博 YAMAMOTO H.
    • 北海道大学大学院環境科学研究科 Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University
    • 鈴木 啓助 SUZUKI K.
    • 北海道大学大学院環境科学研究科 Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University
    • 守屋 開 MORIYA H.
    • 北海道大学大学院環境科学研究科 Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University

抄録

人為的な湖の形成 (ダム等) や消滅 (干拓等) が周辺の自然や農業に及ぼしている影響を質的に量的に把握することを目的として湖周辺の局地気候に関する研究を開始した。今回観測を行なった洞爺湖は直径が約10km, 周長46kmの円形に近いカルデラ湖である。観測は1977年1月20・21日に行なった。自動車の屋根にとりつけた直径0.3mmの銅・コンスタンタン熱電対により気温を測定し, ペンレコーダーに記録しながら湖岸にそって周回した。得られた結果を要約すると次のごとくとなる。<br>(1) 観測期間中の水温は1~5℃であったのに対し, 気温は最高約-2℃, 最低-15℃で水温-気温差は最大10℃であった。<br>(2) 湖周辺の風向は昼間には一般風の影響をうけていたが夜間には周辺から湖に向って風が吹き込んでいた。<br>(3) 湖周辺の気温は一般風の影響の強い昼間には湖の風下では風上に比べ約2℃高温であった。<br>(4) 夜間の気温分布は昼間に比べ場所による変動が大きく地域により約5℃の差があった。

Local climate near a small lake (smaller than 200km<sup>2</sup>) was investigated in this study. Air temperature distribution and the wind system near Lake Toya, Hokkaido, Japan, were measured in winter. The lake effect on the wind system over Lake Toya and surrounding regions was remarkable in a calm night. The wind near the ground blew toward the lake from surrounding regions at night. But, in the daytime, the wind direction near the ground was the same as the gradient wind.<br>The lake effect on the air temperature distribution at the shoreline was observed both in the daytime and at night. Air temperature of the onshore-wind on the northern shore was about 2°C higher than that of offshore wind on the southern shore of Lake Toya in the daytime. The regional fluctuation of air temperature was remarkable at night. The locational difference of air temperature was about 5°C at its maximum.

収録刊行物

  • 農業気象

    農業気象 34(2), 77-82, 1978

    日本農業気象学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003665187
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0021-8588
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ