ある騒音職場就業員の聴力の長期的追跡 Long-term Studies on Hearing Level Changes in Rotary Press Workers.

この論文にアクセスする

著者

抄録

騒音レベル80-100dB (A), 中心周波数250Hz-4kHzの某新聞社輪転機室就業員24人の聴力レベルの変動を8年間にわたり追跡した。 24人中21人は聴力レベルに大きな変化なく, 年齢による生理的聴力損失にほぼ添う経過であった。 3人にc<sup>5</sup> dipがみられたが, 難聴の発現, 進展時期に関しては個人差が大きく, 一定の傾向はなかった。 4kHzと8kHzの聴力レベルは, c<sup>5</sup> dipのある者で各年ごとのばらつきが大きく, 聴力正常な者ではばらつきが小さかった。 また, 2例にc<sup>5</sup> dipの深さに左右差があった。 これらはこの個体が 「c<sup>5</sup> dipが始まり固定するまでの期間内」 にあること, 言い換えれば内耳損傷がなお現在進行していることを示すものと思われた。 また, 耳栓使用で騒音性難聴発生が抑制できることが改めて確認できた。

We have investigated the changes of hearing threshold levels in 24 individuals who work in the rotary press room of a local daily newspaper company. They were exposed to the noise at the sound level ranging from 80 to 100dB A for 5 hours every day. Pure-tone audiograms were obtained annually from 1983 to 1991. Twentyone out of 24 individuals showed minimal threshold changes, which were apparently comparable to those due to aging. In the remaining 3 individuals, c<sup>5</sup> dip was developed at various onset during this period. Deferences in the depth of c<sup>5</sup> dip between the left and right ears and fluctuation of 4 and 8kHz thresholds suggested that inner ear damages were still in progress in the 3 cases with c<sup>5</sup> dip.

収録刊行物

  • AUDIOLOGY JAPAN

    AUDIOLOGY JAPAN 35(2), 187-192, 1992

    日本聴覚医学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003712084
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0303-8106
  • データ提供元
    CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ