高忠実度磁気ループの開発と応用成績 Development and Effect of A Hi-Definition Induction Loop System.

この論文にアクセスする

著者

抄録

補聴器誘導コイル入力の周波数特性はマイク入力特性と差があり, 特に低音域感度の低い傾向がある。 低音部の増幅を必要とする難聴者の中には磁気ループを使用すると音質の違いに不快を感じる者も多い。 そこで, 感度不足を補正できるよう低周波数帯域の磁波を大きくできる磁気ループ回路を開発し, 誘導コイル入力の周波数特性をマイク入力特性にそろえる実験をした結果, 多くの器種が満足できる範囲内に補正できることを確認した。 応用例として試作した磁気ループ内蔵電話機と小型磁気ループを平均聴力レベル80dBから105dBまでの難聴者 (年齢5歳以上で, 補聴器を十分に活用し会話音域を広範囲に聞き取れている者) に試した結果では, 音質とS/Nの良さが確認された。 回路にトリマーを加えた小型磁気ループでは, 聴きたい音源ごとに磁波特性の微調整が可能で従来では考えられなかった性能も確認できた。

It is well known that a frequency response via induction coil of a hearing aid is different from a frequency response via microphone (low tone part is especially reduced). Because of this phenomenon, meny hearing aid users dislike “via inductive coil sound”.<br>Auther developed a hi-definition induction loop system to obtain a frequency response via microphone. Further, an improved telephone and a small sized induction loop system (apprication systems) is tested by hearing aid (equipped with an inductive coil) users (average 80-105dB HL).<br>The results obtained were as follows;<br>1) A hi-definition loop system was used effectively for all kinds of hearing aid (equipped with an inductive coil) users.<br>2) It was proved that “via inductive coil sound” became comfortable and clear by using a hi-definition induction loop system.<br>3) For more comfortable listening, a hi-definition induction loop system with a trimmer in a magnetic field is very effective.

収録刊行物

  • AUDIOLOGY JAPAN

    AUDIOLOGY JAPAN 36(6), 764-771, 1993

    日本聴覚医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003712115
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0303-8106
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ