心因性難聴と解離性健忘の合併例 Psychogenic Hearing Loss Combined with Dissociated Amnesia.

この論文にアクセスする

著者

抄録

心因性難聴に健忘を伴った2症例を経験した。 健忘は精神医学的には意識の障害を呈する解離性障害の一症状である。 症例1は年齢16歳, 症例2は15歳と, 思春期の女性であり, 難聴, 健忘以外にも多彩な症状を示した。 症例1は精神科において全生活史健忘との合併と診断された。 症例2は, 幼少時より両側高度感音難聴のため経過観察をしており, 既存の難聴が高度で, 他覚的聴力検査で閾値が確認できないので, 精神医学的状況から心因性難聴と推定した。 心因性難聴の場合は, 十分な心理的ケアが必要であり, 特に他の重篤な精神症状を合併している場合は精神科のカウンセリングを要すると考えられた。

Psychogenic hearing loss is classified as one of functional hearing loss. Psychogenic hearing loss have psychogenic backgrounds.<br>We studied 2 cases which combined psychogenic hearing loss with dissociatied amnesia. The first case was a sixteen-year-old girl who was diagnosed as generalized amnesia in psychiatry department. The second case was a fifteen-year-old girl who already had organic hearing loss and the diagnose of psychogenic hearing loss was not easily established because of her organic hearing loss.<br>Patients who have psychogenic hearing loss often need psychotherapy.

収録刊行物

  • AUDIOLOGY JAPAN

    AUDIOLOGY JAPAN 42(2), 142-146, 1999

    日本聴覚医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003712798
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0303-8106
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ