広東語における発話伝達の文末モダリティ助詞  [in Japanese] On the communicative functions of sentence-final modal particles in Cantonese  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は広東語の文末モダリティ助詞a3及びwo3の意味機能を主に論じたもので、その際に〈声〉と〈情報〉という対立概念を提出し、その有効性を他の文末助詞の分析においても証明しようというものである。 本稿はまず、a3とwo3の文末助詞体系における位置付け並びに文法的振る舞いから、その意味機能が発話 (utterance) の聞き手への (一方的) 発信伝達であることを導き出し、両者の違いはそれらが発信伝達する発話の種類が、a3は〈声〉、wo3は〈情報〉であると結論付けた。さらに、a3やwo3と音形式が類似する別の文末助詞a4、wo4、a5、wo5の意味機能分析にも〈声〉と〈情報〉の対立が応用できることを論じた。

Journal

  • Bulletin of the Chinese Linguistic Society of Japan

    Bulletin of the Chinese Linguistic Society of Japan 2007(254), 143-163, 2007

    The Chinese Linguistic Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003714060
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00144904
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0578-0969
  • NDL Article ID
    9435836
  • NDL Source Classification
    ZK36(言語・文学--外国語・外国文学--東洋諸語・東洋文学)
  • NDL Call No.
    Z12-135
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top