通年性鼻過敏症に対する小青竜湯の臨床効果 証との関係:証との関係  [in Japanese] Clinical effect of syoseiryuto for the year-round nose hypersensitivity.The relation with shou.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鼻過敏症20名に対し,オースギ小青竜湯を投与し臨床効果を検討した。また体質に関する幾つかの項目をもうけ,証の判断も行い,効果との関連もみた。有用以上の有用率は60%,症状別改善度でもくしゃみ,鼻汁,鼻閉いずれに対しても40%以上の改善率が認められた。実証,次いで中間証の患者でより効果が認められる傾向があり,この証の患者では4日以内の極めて早期に効果が認められた症例もあった。漢方薬剤の投与に当って,証を検討することは,効果を上げるのに有用と思われた。

Journal

  • JIBI INKOKA TEMBO

    JIBI INKOKA TEMBO (34), 1-7, 1991

    Society of Oto-rhino-laryngology Tokyo

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130003794733
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00244636
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-9687
  • NDL Article ID
    2290774
  • NDL Source Classification
    PA63(醗酵・微生物工学--酒類・アルコール)
  • NDL Source Classification
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z17-701
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top