北部有明海における流動・成層構造の大規模現地観測  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2003年7月20日に北部有明海において, ADCP6台とSTD7台を用いた流動構造と成層構造の大規模一斉観測が実施された.観測日として日潮不等の小さい中潮期が選ばれ, 一潮汐間に渡って観測が行われた.得られた主要な結果は,(1) 島原半島沿岸に局所的に存在する強い流れや, 下げ潮時の諌早湾湾口部でのキャビティフローと島原半島への流れの集中などの特徴的な流動構造,(2) DOと密度の分布構造の相似性と貧酸素傾向にある水塊の空間分布,(3) 濁度とクロロフィル-aの間における負の相関性, などである.

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (51), 341-345, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top