ベキ則に従う強風下吹送流の生成とバースト層の役割  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

強風時吹送流の鉛直構造とバースト層内の乱流特性との関係を明らかにしなければ, 海水流動モデルの本質的な改善に結び付かない.そこで本研究は, 微小変動量の解析可能な階層的相関法によるPIV手法を開発しタによるアンサンブ, その高密度・高精度流速デール平均によって得られた統計量を基に, 白波砕波下のベキ則に従う流速分布の発達とバースト層内の乱流特性との関係を明らかにする.その結果, 強風下吹送流のベキ則層と強い乱流エネルギーを伴うバースト層が有義波高程度の厚さでほぼ一致し, ベキ則層の発達が砕波に起因する高周波乱流成分に依存していることを実証することができた

Journal

  • PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE

    PROCEEDINGS OF COASTAL ENGINEERING, JSCE (51), 76-80, 2004

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top